忍者ブログ
平田弘史がおいでになられました。
ごきげんようさまです。久しぶりに平田弘史殿の色紙が入荷しました。色紙と言えば最近では偽物の代名詞のような扱いが多いですが、丁寧に刀を持っておられる武士の絵で、丁寧な色と構図の取り方がいかにも平田殿の物に間違いはなく、逸品でございまする。する。する。収集家の方がお持ちになられ、如何かなと仰せられまして、当方、ふむ、しかしなんだなぁ今の世これほど位かととお知らせしました所、拙者帰るぞ!とそそくさと戻られました。しかし、5時間後、再びご来店いただき、これソチに打って進ぜよう。と仰せられました。当方、ははーと手続きを済ませ。さてと、如何な理由にてお持ちいただけましたでしょうかとお伺いいたしました所、色紙など買わん!と言われたのが多かったと仰せられました。そうでございましたか、当方では、時流に流されぬよう吟味させていただいた上でのことでございます。とお伝えいたし、安心してお戻りいただきました。贋作が跋扈する世に、平田弘史殿の魅力を後につなげる事が出来たと思ったしだいでございまする。チンチョンチョン 閉幕。ではでは、かすみ。
PR

2017/09/27 15:54 | 色紙

<<青土社の「ユリイカ」 | HOME | 西遊記が入りました。>>
忍者ブログ[PR]